2010年 活動報告

11月 第16回全国経営発表大会に参加して

2010.12.18掲載

《 11月18日(木)19日(金) 大阪江坂 》

 東信経営研究会は第16回全国経営発表大会に発表者3名オブザーバー6名、合計9名で参加してきました。私、山崎昇は戦略委員会の担当として、引率責任者又、発表者として参加してきましたが、あらためて学び続ける事の大切さを感じてきました。
 私自身発表は今回で4回目となりますが、毎回発表する度に経営計画書の見直しと内容の改善に社内改革する事ができ、業績向上につながっています。

 
 
 

 経営計画書のない頃の経営内容と現在では明らかに社内のベクトルや内容が違います。現在はその経営計画書を基本として、社員さんと共にお客様のご満足の為の経営をする事ができていると感じています。
 初日の田舞代表の言葉に「社長の仕事は業績を上げること」とても力の入った言葉に業績を上げるには社長自らが学び、社員さんと共に力を合わせなくてはいけないというお話がありました。経営のものさしともいえる経営計画書作成はとても重要な事です。

 全体発表では帯広経営研究会の大久保社長の発表でした。大久保社長は現在TT受講中という事でしたが、住宅設備業という業種の中、リーマンショックで赤字に転落した会社が見事V字回復した内容でした。やはり、業績の良い会社は強みの商品があり、社内の人間関係が良好です。社風がいいから、経営計画書に社員全員が一体となって業績を上げる、そのことによりV字回復できる訳です。
 懇親会も会員全員が経営発表大会に参加して良かったと笑顔で語り合い、良いコミュニケーションとなりました。

 
 
 
 

 今後もしっかりと学び続け、お客様、社員さん、協力業者様にご満足頂ける会社になれるよう頑張っていこうと決意しました。また、来年も続けて発表していこうと思っています。
 最後にこのような素晴らしい発表大会を企画して頂いた、日創研様、経営研究会の皆様に感謝し、「共に学び、共に栄える」の理念を基本に頑張っていきたいと思います。
 この度は本当にありがとうございました。
                           長野東信経営研究会 戦略委員長
                           リフォームワン株式会社 山崎 昇


10月例会 『経営 発表で学ぶ、経営計画の重要性』
      〜山岸 竜也氏 経営計画発表会〜 を開催しました!

2010.10.15掲載

《 10月11日 東御 》

経営研究会の軸ともいえる経営計画書を作成し、メンバーに発表することで、発表者、発表を聞くオブザーバーの皆様の学びとすることが、今回の例会の趣旨でした。
1つの経営計画書を、全員で学ぶことにより自社での取り組むヒントを得て自社の経営計画を、さらに向上させる学びの場となったと感じます。

 
 
 

今回の発表者は、晦NZEN 山岸竜也氏でした。建設資材である、足場の提供を行う会社で、独特の経営方針を持った東信経営研究会のほこるすばらしい経営者の一人として、自社の経営計画の発表をされました。
山岸さんの経営計画発表を全員で学び経営のヒントを、参加された皆様は、得られたと感じます。
11月に行われる日創研全国経営発表大会形式で今回の例会は行いまして、経営発表を長野の東信で感じることができたと思います。

 
 
 
 

田舞徳太郎代表の「6時間セミナー」が開催されました。

2010.07.17掲載

《 7月5日 松本 》

我が日創研グループ代表 田舞徳太郎 講師をお呼びして、6時間セミナーが開催されました。

テーマは「企業の成功法則」〜社長力・管理力・現場力の三位一体論〜 です。

 
 

これからの世の中は、業績の良い企業はさらに良くなり、業績の悪い企業はさらに悪くなる。すなわち2極化がさらに進みます。 従って並または並以下の事をやっている企業は間違いなく電話帳から消えていきます。

ではこの厳しい世の中を生き残っていくためにはどうしたら良いのか! について6時間みっちりと講義いただきました。

 
 
 

今日の講義では、「学ぶこと」の大切さ、「お客様のニーズをつかむこと」の大切さ、「考え、そしてさらに考えて知恵を出すこと」の大切さを学びました。

我々中小企業の資源はごく限られたものです。この資源をいかに活用していくのかがポイントです! 中でも、一緒に働く仲間! 「社員さん」との情報の共有が何より大切です。
顧客情報、知識、技術、クレーム等々、そして経営感覚.....

”全員参加の経営を目指すこと”が大切です!!

 
 

セミナー終了後の懇親会においても、熱心に質問に答えて下さいました。
今日の学びをぜひ今後の経営に生かして行きたいと思います。

すばらしい講演をいただき、本当にありがとうございました。

 
 

「全国大会 in 阿蘇・くまもと」が開催されました。

2010.06.05掲載

第16回 経営研究会「全国大会 in 阿蘇・くまもと」に参加致しました!

今回のテーマは「原点回帰―後の世までも―」です。参加メンバーは飛行機にて熊本に向かいました。 大会の様子は山崎戦略委員長の感想を交えて報告とさせていただきます。

 
 
 

私の印象的だったことは初日の基調講演での講演の中で、 経営研究会の目的である「1つの理念 2つの目的 3つの誓い」がピータードラッカーの経営哲学と一緒で これからの経営の基本となる大切な考えが経営研究会の目的と一致していた事でした。

そして、この会で学ぶ事は企業の成長発展に間違いないと講師の姜氏が断言されていたことです。 今後も、しっかりと学び続け地に足のついた経営をしていきたいと思いました。

 
 

分科会では大野勝彦さんの「夢は叶うもの〜思い強ければ〜」の講演を聞いてきました。
大野さんは両手を切断という大変なリスクをしょった中で、自分の体験を通じて絵や詩集を書き始め、 現在は露天風呂付の美術館を経営されているわけですが、 どんな逆境の中でも自分の気持ち一つで成功できる事を体験を通じて、ご講演頂きました。

実体験の話は、何回か涙を流してしまいました。
体験を実際に聞く事で、私もどんな状況でも成功できる。という自信が持てました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そして、全国大会では懇親会も有意義でした。 特に人が素晴らしく、長野の私も熊本の人にはすぐに溶け込むことができ、 私自身熊本に住みたくなるぐらい素晴らしい県でした。

この熊本での体験を必ず経営に活かせるよう更に学んでいきたいと思います。
素晴らしい、体験のできた全国大会でした。

4月公開例会 「学び続けるリーダーの姿」 講演会を行いました。

2010.04.16掲載

「学び続けるリーダーの姿」と題して講演会を行いました。
 講師は、当会会長でもあり、有限会社和泉屋菓子店 代表取締役 阿部眞一氏です。

 日創研との出会いから10年の歳月を経て得た学びの成果を自社へ落とし込むまでの道のりと、地域商店街の活性化に向けた熱い意気込みを余すところなく語っていただきました。

 パワフルな話にみんな圧倒されつつも、苦労話を苦労と感じさせないユーモアたっぷりなお話しで、笑い笑いの楽しい2時間でした。

 そして楽しいだけではなく、話しの中から多くのヒントをいただけた有意義な講演会でした。会長!ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


3月公開例会 木村レクチャラー 講演会を行いました。

2010.03.26掲載

「B/S経営のすすめ」 強くてよい会社づくりの王道がここにある! 講演会を行いました。
 講師は、アーバンベネフィット株式会社 木村勝男レクチャラーです。

 高見澤委員長の開会のことば、阿部会長の挨拶に続いて講演会が始まりました。

 
 

 木村講師が今まで歩まれてきた人生についてお話しいただいた後、P/L型経営とB/S型経営の違いについてとても分かりやすく講義いただきました。

「強い会社」とは、強い財務体質を持つ会社です。P/L(損益計算書)に現れる単年度の売り上げや収益に一喜一憂する「PL 経営」では、長期的に強い財務基盤を作ることはできません。経営者が「こういうB/S を作る」という強い意志=「BS ビジョン」が必要になります。これが、私自身が千数百社の企業の決算書を分析した結果見いだした『BS 経営』の考え方です。

 
 
 
 

 気づきの多い充実した講演会は、あっという間に終わってしまいました。小山監事から、感謝の気持ちをお話しいただきました。

 

 木村講師は講演終了後においても、講演会にお出かけ下さったお客様と積極的に名刺交換をして下さいました。

 


講演会終了後は、会場を移しての懇親会です。(いえもん) 参加者28名で会場もいっぱいです!
懇親会の席では、3名の方に入会宣言頂きました。

とても有意義なレクチャラー例会でした。

 
 
 
 
 
 


最後に木村レクチャラーよりメールを頂戴しましたので、報告致します。

阿部会長、高見澤例会担当委員長はじめ経営研究会の皆様が、会員拡大を通じて会の 活性化につなげる例会にとの決意で取り組んでいただきました。定刻前に予定者が 続々と着席し会場の空気も高揚してきました。 大変熱心にご清聴いただき「共に学び共に栄える」理念に沿う例会運営に敬意を表し たいと思います。

懇親会も立派に運営されました。全員が2分間スピーチで今日の学びを共有します。 特にオブザーバーにフォーカスした懇親会に研究会のメンバーの熱意を感じました。 そうした中で3名の方が懇親会の場で入会宣言をされました。3名の入会で30名の 会になりましたが、阿部会長は更に会員拡大しもう一つ上のステージにしたいと心強 いお言葉を頂きました。

長野東信経営研究会のご支援のお陰でレクチャラーとしての使命である会員拡大がで きました。御礼を申し上げます。そして歓待をうけました。重ねて感謝します。 長野東信経営研究会が新しいステージに向って成長されることを祈念します。ありが とうございました。  木村勝男

2010年 1月度 総会を開催しました

掲載日 2010.02.02

18:00より理事会、18:30より総会が行われました。
2009年度 事業報告が承認され、2010年度 事業計画が承認されました。
役員も改選され、新しい年度のスタートです。

photo photo

総会途中に、羽田事務局長よりうれしい報告がありました。
本部会より「優秀活性化賞 会員出席率の部 第3位」の表彰状を頂いたとのことです。

幸先の良いスタートです。これを励みに今年も元気に活動していきましょう!!

photo 表彰状

総会終了後に、懇親会が開催されました。
皆様の要望をお聞きして、ホームページもより充実していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

photo photo
ありがとう経営ホームページ 理念と経営 ありがとうブログ 日本創造教育研究会研究所